検索
  • awayuikanako

読書:ある奴隷少女に起こった出来事


これ、フィクションじゃないの?映画の話じゃないの?

あまりにも過酷すぎて、200年前現実にあったこととは信じがたい。

奴隷となり、白人の所有物になるということ。

自分に値がつけられ、売られるということ。

自分の子供達が売られて行くこと。

何のために生まれてきたのか、何のために生きていけばいいのか分からない時代に、

主人公は「自由か、死にいたるまでは、立ち止まってはいけない」

と懸命に抗い、自由を目指します。

子供のため、家族のため、自分を守ってくれたみんなのため、

7年間も狭い狭い屋根裏に隠れ、自分を支えられないほどに身体が衰えても、

いつかやってくるチャンスを待ち、諦めない意思の強さ。

こんな話を知ると、我々は生まれた時点で恵まれているなあと実感。

学校に行けて、学ぶこと、学ぶ場所を選ぶ権利があって、

夢を持つ事ができて。

小さいことで悩んでる自分に喝!

不満ばっかり言ってちゃだめ。

恵まれた環境で育ってきたのだから、この本の主人公に恥じないように、

やれることをやらなきゃ

な!


17回の閲覧

あわゆいがボーカルのユニット

ハイブリッジーズ」はこちら!

あわゆいがボーカルのユニット

「Yuzukana」はこちら!

  • Black Instagram Icon
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle

© Awayui Kanako Official Web 2020