検索
  • awayuikanako

違う星空


左利きのあなたは、

左手の親指と人差し指を使って

星を集めていました。

私も手伝うよって

小さな星をつまんでみたけど

金平糖のようにチクチクしてたり

おはじきのようにつるつるしてたり

なかなか難しい作業でした。

北極星は最後に残しておこうね

みんなが迷わないように

「シリウスは私がもらっていい」

「ベテルギウスも君にあげるよ」

いつも優しいあなたと

ずっと作業していたいのです

名もない星屑たちは

手のひらで掬って

最後に北極星を一緒につまんで

そこに残ったのは真っ暗闇

一つの終・わ・り

楽しかったね

集めた星たちを手のひらで揺らして

花火の後のような映画のエンドロールのような

ざらざらな時を過ごしました

でも明日もやっぱりこうしてあなたと

無駄な作業をしたくって

暗闇に戻す一つ一つ

大体の位置は覚えてるんだけど

2人とも自信がない場合は

目をつぶって優しく置きました

このような事情で

星空は毎日変わるのです

毎日美しく輝くのです

written by Kanako Takahashi

2014.8.12

#lyrics

0回の閲覧

あわゆいがボーカルのユニット

ハイブリッジーズ」はこちら!

あわゆいがボーカルのユニット

「Yuzukana」はこちら!

  • Black Instagram Icon
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle

© Awayui Kanako Official Web 2020