検索
  • awayuikanako

memo


なんとなく行き止まりかなあと分かっていたけど、

歩いてきた

前は見たくないから、

アスファルトの模様や汚れに集中したり、

いわし雲にニコニコしてみたり、

そしたら今日突然目の前に壁が、立ってた。

すごい圧力で。

無機質で冷たい壁。

選択肢は、戻るしかないのだけど、ちょいと途方に暮れることにする。

座り込んで一回お休み。

風呂をためる。

44度でためる。

裸になって、もぐる。

苦しくなる。

いき。

換気扇の向こうで外の世界の音。

安心する。

身体。

足にできた青アザ、左腕の火傷の跡、背中のできもの。新しくできたものばかり。

忙しいせいにして、向き合えてない私の身体。

未だにとても不器用な生き方をしてる。けど。

それでも。

細胞が変化してることに気づく。

もっと敏感に、もっと貪欲に、

もっと感じやすく、もっと傷つきやすく、もっと幸せになりたいと。

じりじりと燃える豆電球であれますように。


29回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

家を持つこと、空き家、多拠点生活、定額住み放題

夢のマイホームってなんだい。 家を持つことは負債を持つこと。ずっとそんな風に思ってた。 だって色々な場所に住んでみたいし、 海外住みたいと思ったらすぐ行きたいし、 家買っちゃったらそこに縛られそうだし、 買った瞬間に建物老いていくし、、、 フットワーク軽くいたいじゃん。 色んな場所住んでみたいじゃん。 そんな軽めのマイポリシーがあって、東京にいた頃、賃貸の家は更新せず2年ごとに新しい場所にお引っ越

TTATツアーという旅

実は、去年東京を後にしてから1年が経ちました。 TTAT(Tokyo To Amami Tour)と題して、東京から奄美大島まで約3か月間かけて車で移動しながら南下し、途中音楽を奏でながら、カピバラのいる動物園・水族館を回りながら、12月に奄美大島に到着しました。 コロナ渦ということもあり、大っぴらにリアルタイムで旅をしている!ということは避けて、TwitterやInstagramで最低限「元気に

行く、帰る、戻る、

ステント交換手術無事終わりました! 今回は、術後のダウンタイムがほとんどなく、次の日から元気。 膵臓の値だけいつも謎に上がるので、一日だけ絶食して、食事も再開となりました。 今までで最短で退院できましたー! 東京で会いたい人、行きたい場所、たくさんあったのだけど 今回もぎゅーっと抑えて、病院以外はどこにも寄らないで帰ってきました。 もっと堂々と、もっとフットワーク軽く、奄美と東京を行き来できるよう