検索
  • awayuikanako

「丁寧に」


歌い始めた最初の頃は、

緊張する、早く終わりますように、なんて気持ちの方が勝ってた。

そりゃ、響かないよね。

届かないよね。

クラシックの楽譜の右上に、

ModeratoとかAndanteとかLegatoといった標語が書いてある。

小学生の頃ピアノを習っていたのだけど(すごく嫌いだった)、

先生に「中くらいの速さで」「なめらかに」とか、その標語の上に鉛筆で書いてもらってました。

近頃、ライブで演奏を始める時、

頭の中に自分の楽譜を思い浮かべて、

そして標語の場所に、

「丁寧に」と書き込んでから歌い始めるようにしています。

一文字一文字、届くように、

ラド♯ミの響きが伝わるように。

悲しみが、やさしさが、染みるように。

シャボン玉を吹くような感じ。

そしたら、相変わらず手足は震えるけど、心は震えなくなった。

自分が伝えようとしたら、世界はいつも開いてくれているんだなあ。

ありがたいことです。

先日とあるお客様から

「丁寧に大切に歌ってる」という言葉をいただいてとても嬉しかった。

大切に歌っていきます。

もっと、もっと、はかなくも、貪欲に。


20回の閲覧

あわゆいがボーカルのユニット

ハイブリッジーズ」はこちら!

あわゆいがボーカルのユニット

「Yuzukana」はこちら!

  • Black Instagram Icon
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle

© Awayui Kanako Official Web 2020