検索
  • awayuikanako

Yuzukanaの初CDから曲紹介 (1) iris


YuzukanaのCDから、収録曲をご紹介していきまーす。

まずは1曲目のiris。

CDのタイトルがそうであることからも分かるように、今回の作品のメイン曲です。

結論から言うと、とってもいい曲が出来上がりました。

名曲・・・かな、

名曲だな!

アイリスとは、お花の「アヤメ」

花言葉は、「良い便り」「メッセージ」だそうです。

ギリシャ語では「虹」という意味もあるとのこと。

高校にはアイリスって名前の女の子もいたなあ。

Yuzukanaとして、共同で作ったのもirisが初めて。

今までは、どちらかが書いた曲を弾く、又は歌う、というスタイルでした。

私の場合は、曲作りは基本的に歌詞が先行で、歌詞ありきでメロディーとコード感を固めていくので、

歌詞がない時点で、どんな風に曲作りをすればいいのか戸惑いもありました。

イントロ、Aメロあたりのリフが最初に決まって、

それに乗せてラララ~と歌ってみるものの、なんかしっくりこない。

しっくりこない期間が長かった長かった。

それで、

こんな曲にしたいというキーワードを紙におとして、話し合いながらイメージを膨らましたり。

「海」「扇風機」「蚊取り線香」「憂鬱」・・・などなど。

「サビは解き放たれるような感じにしたい」とか、「海のにおいがする感じ」とか、「大サビみたいなのほしい」とか、イメージを言葉で伝えながら曲を書いたのは初めてだったので、苦戦しながらも新鮮でした。

やっぱり違うな、やっぱりこうかな、いやもっと何かあるなと遠回りしまくって、

結局シンプルなところに落ち着くのだけど、遠回りしないでたどり着けたとは思えない。

プロセスが大事なんだなーと。

曲作りから学ぶことはたくさんありました。

少し歌詞をご紹介。

「雨上がりのiris 大事なものはずっとここにあった」

上記のとおり色々な意味を持つirisだからこそ、

色々な角度から想像してもらえるんじゃないかなと思います。

「もやもやじめじめ」「ザラザラトゲトゲ」

憂鬱、不安、迷いの存在。これは内から生産されるものたち。

それに対して絶対的な存在。

「導きの海」「紺碧の空」「庭に佇むつぼみの予感」

うまく言えないけど、

彼らが融合して、とても優しい色の光を発してる感じ。

小さなエネルギーが、大きく背中を押してくれるようなイメージ。

長くなっちゃったけど、

とりあえず、とりあえず聞いてみていただけたら嬉しいです!

「我愛你!我愛你! Yes iris, Yes iris」


0回の閲覧

あわゆいがボーカルのユニット

ハイブリッジーズ」はこちら!

あわゆいがボーカルのユニット

「Yuzukana」はこちら!

  • Black Instagram Icon
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle

© Awayui Kanako Official Web 2020