1Q84読み直し(Book1 Ch.6-10)【ネタバレあり】

July 18, 2014

6.天吾

小松から早朝に電話があり、ワードプロセッサー代を払ってあげると連絡あり。人妻のガールフレンドから電話で今日は会えないと報告される。ワードプロセッサーを買いに行き、さっそく空気さなぎの書き直し作業にとりかかる。「空気さなぎ」が具えもった大きな美質と大きな欠陥。

夜になると、一匹の盲目の山羊の死体から、リトルピープルがこちら側にやってきて、世夜明けにあちら側に戻っていく。

電話でガールフレンドと話す。子供がいじめられているかもしれない。

その後ふかえるから電話がかかってきて、今度の日曜に他の誰かに会うために待ち合わせの約束をする。

 

7.青豆

柳屋敷を訪れる。大柄な男タマル。ドイツシェパードのブン。

裏手の温室で女主人と会う。先日渋谷のホテルで殺した男についてと、次の仕事のための鍵を受け取る。警官の制服と拳銃が新しくなった時期をタマルに確認する。山梨県警と過激派との銃撃戦が81年の10月半ばに起こった。

 

8.天吾

日曜日。幼いころNHKの集金人である父親に連れられて家々を回った回想。

父親のプロフィール。天吾は父親が本当の父親だとは思っていない。

ふかえりと新宿駅中央線立川方面行プラットフォームで待ち合わせ。

電車の中、ふかえりがディスレクシアであり、空気さなぎは「あざみ」が書いたことが判明。「リトルピープルに聞かれないように小さな声で話す」

とりわけ日曜の朝。ふかえりは天吾の手をとる。

 

9.青豆

図書館で1981年9月から11月までの3か月分の新聞を閲覧。「丁寧に新聞を読む」のに見落としていたニュースがあった。NHKの集金人の事件と本栖湖の銃撃戦。

狂いを生じているのは私ではなく、世界なのだ。世界の変更された部分。ねじれ。

渋滞に巻き込まれたタクシーの中でなぜヤナーチェックのシンフォニエッタと分かったのか。

新しい世界=1Q84年と仮定。

 

10.天吾

ふかえりと手をつないだまま電車を乗り継ぎ、二俣尾という駅からタクシーに乗った。風格のある大きな屋敷でエビスノ(先生)に会う。エリの父親(深田保)と戎野の関係。保は退学を離れた後、タカシマ塾に入る。その後「さきがけ」を立ち上げる。やがてさきがけ内で大きな2つの派に分かれ、分派コミューンは後々「あけぼの」になる。

 

Tags:

Please reload

Recent Posts

October 6, 2019

Please reload

あわゆいがボーカルのユニット

ハイブリッジーズ」はこちら!

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
  • Black Instagram Icon
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle

© Kanako Awayui Official Web 2018