memo


なんとなく行き止まりかなあと分かっていたけど、

歩いてきた

前は見たくないから、

アスファルトの模様や汚れに集中したり、

いわし雲にニコニコしてみたり、

そしたら今日突然目の前に壁が、立ってた。

すごい圧力で。

無機質で冷たい壁。

選択肢は、戻るしかないのだけど、ちょいと途方に暮れることにする。

座り込んで一回お休み。

風呂をためる。

44度でためる。

裸になって、もぐる。

苦しくなる。

いき。

換気扇の向こうで外の世界の音。

安心する。

身体。

足にできた青アザ、左腕の火傷の跡、背中のできもの。新しくできたものばかり。

忙しいせいにして、向き合えてない私の身体。

未だにとても不器用な生き方をしてる。けど。

それでも。

細胞が変化してることに気づく。

もっと敏感に、もっと貪欲に、

もっと感じやすく、もっと傷つきやすく、もっと幸せになりたいと。

じりじりと燃える豆電球であれますように。


Recent Posts